友の会は雑誌「婦人之友」の愛読者の集まりです。昭和5年に羽仁もと子により設立されました。。

 全国に172、海外に8友の会があり、会員数約15,000人です。

 金沢友の会は1931年(昭和6年)に発足し、現在会員は48人です。

金沢、白山、かほく市を中心に活動しています。ご希望の方はどなたでも入会できます。

 

コロナウィルス感染拡大防止も鑑みて、リモート(zoom)を使用しての会員交流も一部で行っています。

 

家計簿、クラウド家計簿K akei+について知りたい方は、土曜日の午前中に金沢友の家で説明をする時間を設けています。予約してお越しください。(予約がある時のみ、会員が友の家に来ます)

予約はお問い合わせメールや電話で受け付けております。(電話は留守番電話対応の時もあります)

 

スマートフォンでご覧の方は、左上の三本線をクリックするとメニューが出ます。

 

友の会は、婦人之友の読者の会です。

 

雑誌「婦人之友」は、書店でもお求めになれますし、

金沢友の会でもお分けすることができます。

 

また、高年の世代向けに「明日の友」の雑誌も発行されています。

(子育て世代向け「かぞくのじかん」は、2022夏号をもって休刊となりました。)

8月の予定

 6日(土)例会

   25日(木)洋裁クラス

9月の予定

 6日(火)例会

 8、15、22(木)洋裁クラス

 20日(火)生活勉強の日

 30日(金)明日班

    

オンライン(主にzoom)の活動については、お問い合わせください。

 

 

会員の活動をご覧ください

またブログの方もご覧ください。

最寄会で、「携帯ポリ袋(ゴミ袋)入れ」を、牛乳パックを使って作りました。(若草最寄)

 コンパクトにゴミ袋を携帯できて、一枚ずつ取り出せます。

 こうしてポリ袋を携帯すれば、出先でゴミ(ティッシュとか飲み物のパックとか缶など)がでた時このポリ袋に入れて、バックを汚さずにゴミを持ち帰ることができます。

 

このように会員同志で最寄会(最も小さい単位での会員活動)を開き、このような活動してをいます。新型コロナウィルスの感染 拡大防止に留意しながら様々な形で生活勉強を続けています。

 


5月24日の生活勉強は料理の盛り付けを学びました。

写真は、盛り付けの一例として作成しました。

 

筍ごはん、筍のお吸い物、筍の煮物

真ん中にかぼちゃとゆで卵のサラダ

デザートはかるかん

(上新粉と長芋を混ぜて蒸したもの。トッピングに小豆を使いました)

 

ブログの方もご覧ください。

 

らっきょう漬けの季節となりました。

毎年この時期にらっきょう漬けをします。

定番ですが、カレーライスと美味しくいただいています。

 

金沢友の会の会員が作りました。

いろいろな手仕事のアイディアがあります。

一緒に楽しんでみませんか?

ブログの方もご覧ください。  

 

2020年度の家事家計講習会会場での開催は行いませんでしたが、生活勉強をまとめた冊子を作成しました。(冊子は販売もしています)

 

2021年度はオンラインで開催しました。SDGsの取り組みについても発表しました。

  

 18度・19年度の家事家計講習会の展示の画像

 

 家計簿に関する、疑問・質問は、随時お問い合わせください。

 

平日お仕事を持っている方でも、有職の会員の集まり(日曜最寄)もあります。詳しいことは、お問合せください。最寄会の様子はこちらへ

 

生活講習の受講者募集!

 料理・洋裁・家事の教室に分かれています。

2022年度、洋裁クラスを開講しています。

詳しくは、生活講習のページをご覧ください。

 

 子ども部  日程などはお問い合わせください。

      親子の活動

 

イベント 2022年度は外部に向けての友愛セール製作品セールのどちらも予定していません。(会員内での実施を予定しております)

 

申し込みは『お問い合わせ』からメールでどうぞ。

電話、FAXでも受け付けています。

準備の都合上、講習会は開催日の1週間前までにお願いします。